専業主婦でも借りれるカードローンと自己破産

自己破産の記録があっても借入できるの?

カードローンを利用するうえで一番大切なのは、信用を第一にして返済を怠らないことです。
でも中にはやむを得ない事情により自己破産など、法的に借金整理するケースもあります。

 

自己破産すると借金の返済を免除されるかわりに、持家がある場合は手放さなければならなくなるなど、さまざまなペナルティを受けることになります。
世間的にも決して良いイメージではありませんから、かなり厳しい状況におかれることになります。

 

中でもブラックリストに名前が載ってしまうことは大変大きな問題となります。
ブラックリスト入りしている人は新たなキャッシングやローン商品を申し込んで利用することはできません。
ブラックリストは個人信用情報機関に登録されたデータであり、一般的には自己破産データは7年前後経過してからでないと抹消されないといわれます。

 

これはあくまでも目安ですが、この間どこからも借り入れができないとなると状況はますます厳しくなります。
ただ一切借り入れができないこの時期を利用して、しっかり身辺整理と信頼度の回復に努めるのも、考え方としては一つのよい方法なのではないでしょうか。

 

将来晴れて自己破産記録がクリアになり新たに申込をした際に、自身が審査に通りやすい状況にあるよう生活様式やお金の使い方をあらためて考え直す必要があります。
そのためにもブラック入りしている時間を無駄にしないように努力を続けることが大切です。
どうしてもお金が必要だからといって、むやみに巷の金融業者を頼ってはいけません。

 

「ブラックでも借りられます」「審査なしでOK」などと言って勧誘を行うのは間違いなく闇金融などの悪質業者です。
一度でも手を出してしまうと、高金利や取立てで痛い目にあうことは必定です。

 

どこに申し込んでも審査落ちしてしまうことで藁にもすがりたくなる心理はわかりますが、自己破産の上に闇金から追われることになれば人生は台無しです。
充電期間後にカードローンを便利に活用できる状況を目指して、ここはしっかり辛抱することが必要です。