専業主婦でも借りれるカードローン会社とその種類

自分に合ったカードローン会社の選び方

カードローン会社を大まかに分けると、金利が低い順に銀行系・消費者金融系・信販系となっています。

 

銀行カードローンの最大の特徴は低金利かつ総量規制対象外である点です。
年収による借入額の規制を受けないため比較的幅広い借入限度額に対応しており、おまとめ専用商品などの大口融資商品も用意されています。

 

また無職の専業主婦でも利用できる少額カードローンも人気商品の一つです。
夫が安定収入を得ていれば申込可能で、配偶者の同意書や収入証明書も不要で手続きできるので、内緒で借入したい人にもおすすめです。
さらに銀行が母体であることから高い信頼性がある点も、銀行カードローンの大きな魅力となっています。

 

消費者金融は総量規制の対象となることから、借入総額は年収の1/3未満に限られている点が特徴です。
金利は銀行にくらべると全体的に高めですが、条件を満たしていれば比較的審査に通りやすいといわれます。

 

また学生ローンや女性専用ローンの提供など、特定のターゲットに向けたサービスも充実しています。
基本的には本人に安定した収入がなければ利用できませんが、アルバイトやパートでの収入でも申し込み可能で、幅広い層の支持を得ています。

 

信販系カードローンはクレジットカードにキャッシング機能を付加させたタイプで手軽に利用しやすいというメリットがありますが、金利は銀行・消費者金融にくらべて最も高めの設定となっています。
信販系カードローンも消費者金融と同じく貸金業者なので、総量規制の対象となります。

 

以上のようにカードローンには色々なタイプがあり、利用する人によって選ぶポイントもさまざまです。
金利を重視するのであれば低金利商品が魅力ですが、利用金額が少額の場合や利用期間が短い場合は、金利の差による影響はそれほど大きくならないこともあります。
また金利だけを比較するのでなく、無利息サービスを提供しているカードローンも選択肢に加えてみるのも一つの方法です。